プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

三たび自宅皮下点滴に挑戦

しばらくぶりに姉に手伝ってもらって皮下点滴に挑戦。
ワシがホテイ、姉が針を刺す。

電子レンジで点滴の準備を始めると警戒しはじめるチューイ。
セッティングが終わり、まずはホテイなしでチャレンジするも、全くダメダメ。

ならば、ガッチリホテイするしかない。
あやしながら、場所を移動しながら、ホテイするも、大暴れのチューイ。
ワシは腕も脇腹もチューイの爪による傷だらけ、出血はしなかったものの指もまたしっかり跡が残る程噛まれた。
でも、以前とは違い、甘えによる暴れがミエミエだったので、手はゆるめなかった。

空気が殺気立っていたのだろう。
いつもピヨピヨなくブラン(姉の愛犬)がピタリと鳴き止み、チーンと大人しくしていた。

なんとか、針を刺したが、リンゲル液がポタポタ漏れてくる。
針の角度が甘かったのか、皮膚を持ち上げすぎたのか。
あえなく中断。

数時間後、再チャレンジ。
さっきより暴れ方が大人しい。
少しは慣れたのか、暴れすぎて疲れたのか…。
今回は、リンゲル液が完全に漏れていたので、針を刺し直してもらった。

姉は骨膜にあたることを気にしていたが、そんなの気にしなくていいと言い、思いっきり突き刺してもらった。
三度目の正直、成功。
ものすごい安堵感。
いつものように、針が刺さると、チーンと大人しくなるチューイ。

チューイは意外と攻撃力があるので、今日1日でものすごく疲労した。
まあ、当のチューイも相当疲れただろう。

姉もお疲れでした。
皮下点滴のコツ聞いておいたので、またよろしく…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/474-dc20cc88

FC2Ad

相続