プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

Pictlayer

点滴再開14日目 看病は戦い

ワシの風邪も3週間目に突入し、とうとう抗生物質を使うことになった。
これは大人の事情。

チューイの抗生物質も今日から変更になった。
こっちはただの製造中止。
パセトシン50mgを1日3回からサワシリン錠1/6を1日2回へ。

最後のパセトシンをただの水で溶いてシリンジで飲ませたら、「こんな不味いもの飲ませるなー」「鬼!悪魔!」って反応された。
よっぽど不味かったのだろう。
犬に「良薬 口に苦し」は通じない。

人間の病院へ行った後、犬の病院へ。
丁度、雨もあがっていたので、うんこっこが出るかと期待して歩いて行った。

少し前までは、病院への道のりは嫌がって、意地でも歩かなかったチューイだが、相方(え)やほめるママさんの協力により、病院までの道のりを嫌がらずに歩けるようになったのだ。
途中、少し柔らかめのブツを1本。
まだまだいつものブツにはほど遠いが、いわゆる正常便に近いブツだった。

直前に雨が降っていたせいか、病院はすいていた。
獣医師に、昨日電話したその後、すっかり元気になったことや、現在の状態を伝えた。
皮下点滴は思うところがあって、明日にすることにした。

家へ帰って、チューイの食事や薬の準備をしていると、アイアンシェフから電話が。
ロールキャベツその他もろもろの差し入れ。
「5分ほどでマンションに持って行くからー。」との連絡。
ありがたや。

チューイと1Fで待っていると、雨が降っていないのに、傘を持って現れた謎のアイアンシェフ。
(ワシは社会の窓が開いていたのはナイショ)

チューイとの対面を喜んでくれた。
アイアンシェフはチューイの元気の良さを「マグロ~!」(1本釣り漁師がイキの良いマグロを両手に抱えている図のマネ)と遊んでくれる。
シェフの腕の中でくつろぐチューイ。
少しお話してお別れ。
いつもありがとう、アイアンシェフ。

帰ってみて見ると、なにやらシェフからのメモが。

「看病はある意味戦いでアリマス
 元気になって挑んで下さい」

シェフは料理も上手いが、言葉のセレクトもまた上手い。
いつもズシンとくる助言をポンと与えてくれる。
確かに、看病は戦いだ…。
自分が風邪を悪化させている場合ではない。

今日のチューイ
元気:有りすぎ
食欲:有り
嘔吐:無し
排便:1回 1本にまとまった状態。その後僅かに柔らかすぎる便を出す。
排尿:若干多めかもしれない
皮下点滴:無し
体重:3.35kg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/458-e8306ce0

FC2Ad

相続