プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

点滴再開12日目 下痢、口輪、ビオフェルミン

今日も雨。
そして今日も寝坊。
宅配で目覚めた相方(え)がチューイ部屋を見て、慌てて何かを叫んでいる。
何だー?と寝ぼけながら見たら、ギョッとするほど、辺り一面うんこっこ。

トイレの中のモノは形を留めているものはあったが、血と粘膜状の便が相当量、散乱していた。
相当もがいたらしく、トイレシートも乱れていた。
チューイのお腹からグルグル音が聞こえる。

時計を確認すると11時。
あわててかかりつけへ電話。
歯磨きして、顔洗って、着替えて、うんこっこのサンプルを持って、おっと、ワシは胃薬と吐き気止めを飲んで、雨の中、相方(え)と病院へ。

待合室で待っている最中、残念ながら相方(え)は時間切れ。
今日は某セミナーの日だったのだ。
本人は、セミナー断ると言ったが、せっかく大量の時間をかけて準備したのだ、無駄にして欲しくない。
それに、他の方にも迷惑がかかることだろう。
セミナーに向けて出発してもらった。

診察室へ呼ばれ、今朝の説明をし、サンプルを見せる。
検便の結果は、やはりウェルシュ菌。
通常なら、抗生物質を投与するところだが、負担が気になる。
今回は、ウェルシュ菌の暴れ方がさほどヒドくないことから、下痢が続かないようであれば、ビオフェルミンで様子を見てもいいでしょう。と言ってくれた。

ビオフェルミンは薬局で買えるらしい。
ワシは市販薬は買わないので、よく分からない。
獣医師に、聞いてみた。

乳酸菌しか入っていない、下痢止めなどの成分の入っていないものを選べば大丈夫ですよ。
1日2回、1回に子供に与える量の半分を与えて下さい。
患者さんの中にはラックビーを与えている方もいますよ。
と、いう答えだった。

そして、下痢なので、皮下点滴。
ワシはいつもの通り退出。
ドアごしに聞こえるチューイのうなり声。
いつもより随分時間がかかっている。
布製口輪を持ってチューイの診察室に入るアニテクさん。
何も聞こえなくなって、しばらくして中に呼ばれた。
今日は相当暴れたらしい。
やはり、針を刺さした後、テープで固定する前に、暴れて自分で抜いてしまったそうだ。

ウェルシュ菌の原因となるものを聞かれた。
昨日のことを思い出す。
食事は考えにくい。
雨で散歩へいっていないので、誤飲なども考えにくい。
家庭内の誤飲はコリゴリなので、チューイの行動範囲はかなり制限しているし、付近に危険なものは一切置いていない。
午前中、病院皮下点滴したことと、午後、ワシらがずっと外出していたこと。
ワシか相方(え)のどちらかが長時間外出することはあったが、昨日は両方そろって3時間ほど留守にした。
それくらいしか思いつかない。

今日は1日絶食。

帰り道、薬局でビオフェルミンを買った。
種類がいっぱいあったので、獣医師の説明を繰り返したら、新ビオフェルミンSをすすめられた。

以前、病院で処方されたビオフェルミンは、確か糖衣だったとおもったが、これは違った。
しかも、乳糖入ってるし。
チューイには牛乳を与えたことがないので、乳糖不耐性かどうかわからない。
場合によっては下痢がひどくなってしまうかもしれない。

帰宅後、少しチューイとゆっくりしてから、ワシはトイレへ行った。
ワシとチューイは、よくトイレがシンクロする。
今回もシンクロした。
戻ってきたら、大量の尿と水様便。

とりあえず、掃除をしてから、買ってきたビオフェルミンを飲ませてみることに。
薬を飲ませようとしたら、ものすごい勢いで噛もうとしてきた。
右手の咬傷事件を思い出した。
落ち着いていたチューイのお腹の音もグルグル聞こえてきた。
とりあえず、工夫して飲ませた。

夕方、病院へ電話してみた。
薬局で、ビオフェルミンの種類がいっぱいあって「新ビオフェルミンS」にしたこと。
帰宅後、水様便をしたこと。

新ビオフェルミンSの成分を全部読み上げるように言われたが、ワシは起き抜けで細かい文字が良く読めんかった。
こんなところで年を感じた。
とりあえず、モニョモニョ読み上げて誤摩化す。
獣医師も乳糖について乳糖不耐性のことを言っていた。
ビオフェルミンを飲ませて、下痢が治らないようであれば、抗生物質を与えて様子を見て下さい。
病院へ連れて行くことがチューイのストレスになるようであれば、無理に連れてこない方がいいとの、アドバイス。

夜、ビオフェルミンをピルクラッシャーで砕いてシリンジ(注射器本体)で飲ませようかと思ったら、昨日、壊れたのだった。
こんなときに限って。
しょうがないので、手動で砕いてシリンジで飲ませた。
今回はチューイもそんなにムキにならなかったので、お腹がグルグルいう音は聞こえなかった。

チューイは1日中アンモナイト型に丸くなっていて腹痛がつらそうだった。
夜、いつまでたってもリビングスペースのベッドでまったりしていて、何故かクレートへ入るのを躊躇う。
ベッドごとチューイスペースへ。

今日は1日、1人で心細かった。
そして、疲れた。

今日のチューイ
元気:下痢のわりには有った方なのではないかと。
食欲:無かっただろうと思う
嘔吐:無し
排便:2回 1回目はやわらかい通常便からはじまり、血・粘膜まじりの水様便、2回目は完全な水様便
排尿:皮下点滴したので多め
皮下点滴:多め
体重:3.45kg
体温:38.8度
その他:朝から完全絶食。「新ビオフェルミンS」投与後、下痢の兆候は今のところみられず。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/455-3af42220

FC2Ad

相続