プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

Pictlayer

点滴再開11日目 久しぶりの病院点滴とお留守番

朝から雨。
そして寝坊。
目覚ましの音に気付かず寝ていたようだ。
慌てて支度をしてたら、ワシが偏頭痛の吐き気で朝食を全部嘔吐。
嘔吐抑止剤はいっぱいもっているので、強めのを選んで、風邪薬と一緒に飲んで、気を取り直して動物病院へ出発。

雨なので病院はすいているかと思ったら、先客がいたので、待合室で待つ。
ワシらの順番がきて、名前を呼ばれ、診察室へ。

昨日の点滴拒絶のこと、先週からの夜間尿のこと、ここ2~3日多飲多尿が続いていることなど、症状を話し、皮下点滴をお願いした。
皮下点滴の場所も、首の辺りは点滴のしすぎで、毛細血管がうようよ出来てしまったのか、最近100%出血するので、背中の辺りにしてもらうようにした。
注文の多い飼い主でごめんなさい。

針を刺す間、ワシは診察室から出る。
刺し終わると、再び診察室の中に入る。

病院では大人しく処置を受けていたそうだ。
やはり、ワシに対する甘えから暴れるのだろうか。

皮下点滴が終わり、フロントラインもしてもらった。
フロントラインでさえ、ワシが行おうとすると嫌がり、指が無くなりそうな勢いで噛もうとしてくる。

帰り際、いつかの癲癇の急患のパグさんがいたので、飼い主さんに話しかけてみた。
ずっとお薬でコントロールしていて、以前、頭部MRIも受けたことがあると言っていた(!)
これからもずっと安定してて、軽度になっていくといいデスネ。

帰って、チューイの食事の準備。
1食はすぐに与え、1食は冷蔵後へ。
それが終わると、すぐに人間の大学病院へ出発。

診察が終わると、大学病院のすぐ近くで、知人が個展を開いているので、相方(え)と合流して行ってきた。
冷蔵庫へ入れた1食分は、相方(え)が家を出る前にチューイに与えてもらう分だったのだ。

チューイ久しぶりの長時間のお留守番。
ワシの方がドキドキ。

個展は、元々彼女の絵がとても好きなので、絵を楽しめた他に、とてもパワフルなお姉様がいたり、色々な意味エキサイティングで刺激的だった。

帰ってきてチューイの食事の準備。
さっそくピルクラッシャーが壊れた。
割とスグにヒビが入ったので、壊れるなとは思っていたが、こんなに早いとは思わなかった。
やっぱりドライフードを粉々にするには無理があったのかな。
今後どうしよう。
人間用のちゃんとした作りのを買うべきか…。

夜、ある程度の時間になると、チューイはクレートへ入って寝てしまう。
今日はなぜか夜中にうんこっこをしたので、片付けていたら、チューイが甘えてきた。
治る、治る、大丈夫。ワシの腎臓をあげる(←最後のは無理)
なんてブツブツ言いながらハグ&キスして、クレートコマンド。

今日のチューイ
元気:有り
食欲:有り
嘔吐:無し
排便:2回 うんこっこの量がだんだん減ってきたようなきがする。
排尿:ワシが1日外出していたので不明
皮下点滴:少し多め
体重:3.40kg
その他:ドライフード1粒&ウエットフード30g×4、フロントライン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/454-4d1f8fab

FC2Ad

相続