プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

通院再開8日目  続く急患

がんばって左手と右手の薬指だけで日記を書いてみる。
箸が持てない不自由な日々。
タイプミスが多いのは、どうぞごかんべんを。

チューイ今日もオネショ。
でもなんだかいつもより量が少ないゾ!
夜間尿が改善されてきたのかな。
少し前までは無臭だった匂いも、少しずつ香ばしくなってきたような気がする。

午後、チューイを連れて病院へ。
今日はいつものパターンを崩すため、チューイだけ先に診察室へ入れて、皮下点滴の針を挿し終わってから、ワシを中へ呼んでもらった。
昨日から抱っこ型の保定に変えたせいもあって、おとなしかったそうだ。
ワシと話していた獣医師がドアを見ながら、もっすご驚いていた。
何事かと思ってみたら、相方(え)がドアの小窓から覗いていた。
仕事が忙しく、手が離せないのに、わざわざ来てくれたのだ。
うれしかった。
(一瞬、変な覗きの人だと思ったのはナイショ)

昨日のうんこっこは数日ぶりに出たわりには量もすくなく水分も多かった。
腸の水分吸収が機能していない。
消化器系がまだ正常に機能していないのだ。
獣医師と相談して、嘔吐、下痢はないことに加え、体重も増えていないので、食事量の増やし方を少し多めにする事にした。
1日の食事回数が6回なので、これ以上増やせないからだ。

帰り際、待合室で同じしつけ教室に通っていた方とばったり。
同じクラスではなかったけど、面識はあったので、思わずびっくり。

今日も寄り道。チューイの足取りも軽やか。どこに寄るか気付いているのかな?
ほめるちゃんのママさんのお言葉に甘えて、お宅にお邪魔。ほめるちゃんと激しく遊び、しつこくつきまとってきた。
皮下点滴の後にはイイコトがあると結びつけばいいのだが。

今日のチューイ
元気:有り
食欲:有り
嘔吐:無し
排便:無し
排尿:多尿ぎみ
皮下点滴:100cc
体重:3.20kg
体温:38.0℃


今日は午前中にも病院へ行っていた。
平日なのに、なんだか混んでいた。
受付で診察券を出すと、「急患の方がいらっしゃいますので、少しお待ちいただきますがよろしいでしょうか?」て、言われた。
「いいですよー。」なんて答えて待合室で待っていると、診察室から院長先生の声がかすかに聞こえてきた。
「心臓が停止…心臓を動かすお薬を…その前の時点ですでに脳死の状態でしたので…」
なんてヘビーな話題だ。なんて思っていたら、飼い主さんらしき声も聞こえてきた。
「まだあたたかい…。」
ちょっとまって、どういうことよ。
もう、ワシ、頭の中真っ白。
しばらくして、飼い主さんご夫婦が出てきた。
院長も出てきて、段ボール箱を病院の真ん前に止めてあったご夫婦の車の後部座席に乗せた。
奥方らしい方がお会計を済ませた。
涙を流してはいたが、取り乱してはいなかった。
ご夫婦2人とも毅然としていた。
アニテクさんもほんのり目が赤かったが、しっかり対応していた。

チューイが周囲の空気を読み取って挙動不審になりだした。
こんな状態で皮下点滴なんて、無理だ。
きっと暴れる。
他に患者さんもたくさんいたし、午後に出直す事を告げて帰ってきたのだった。

昨日は、待合室で待ってる時、癲癇の急患が来院した。
薬でコントロールしていたらしいが、朝から十数回発作を起こしていて、だんだん間隔が短くなってきていると言っていた。
飼い主さんご夫婦は、取り乱していた。
相方(え)とワシは彼らの後にしてもらおうとか言っている間にも、数回発作をおこしていた。
犬用ウエットティッシュやポリ袋など、使ってもらえそうなものは全部渡した。
院長が急患を抱きかかえて向かったのは、診察室ではなく処置室だった。
後に残された飼い主さんご夫婦は心配だったろうな。

今日の診察中に容態を聞いてみたら、一応薬で落ち着いて入るものの、安定はしていないと言っていた。

なんだか腎不全や膵炎(の疑い)くらいで、クヨクヨ・メソメソしている自分が恥ずかしくなった。
もっと、重篤な症状を抱えた飼い主さん達がいるのに。

今日の話に戻って、午後イチでワシは皮膚科(チューイの咬傷の治療)へ。
出血は昨日あたりから、ぼちぼち止まっている。
帰り道、たねやで柏餅を買って、動物病院へ差し入れ。
季節ものだし、柏の葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないという特徴から、子孫繁栄(家系が途切れない)ということで、縁起ものでもあったりする。
「元気が出るもの」と、いうと食べ物しか思い浮かばないワシ。
相当な食いしん坊だ。
いつもお世話になっている病院スタッフに元気を出してもらいたくて、届けた。
そしてチューイを連れて三たび病院を訪れたのであった。

チューイの病院の後は、ワシが胃腸科の病院へ。皮膚科で処方された抗生物質で荒れ果てた胃の修復のため。
体温をはかったら、34.8だった。
ワシの平熱は36.8だ。
あの体温計、絶対壊れてる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/426-94611543

FC2Ad

相続