プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

月別アーカイブ

Pictlayer

急性腎不全 入院6日目

水前寺清子は3歩進んで2歩下がると歌った。
チューイはどうなのだろうか。

今日は相方(え)がギックリから復活気味だったので一緒に病院へ行った。
向かう途中、お散歩中の、愛犬の誕生日が同じな、超ご近所さんに遭遇。
うれしい偶然。

病院に到着し、待合室(他には誰もいなかった)で待っていると、相方(え)と些細なことで大口論となった。
口論が静まるまで診察室には呼ばれなかったので、病院中に聞こえていたことだろう。
自分で勝手にストレスを溜め込んで、相方(え)に対する配慮が欠けていたことを反省。

昨日はある程度の効果を発揮した利尿剤+マニトールだが、今日はBUN(血中尿素量)もCRE(腎濾過量)も共に数値の変化が全くみられなかった。
そこで、とうとう最後の砦、ドパミン+利尿剤を投薬することになった。
ドパミンは血管に圧をかけて腎臓への血流を良くしてくれる。
チューイがいい反応をしてくれるのを祈るのみだ。
てか、してくれないと困る。

今日のチューイの数値
BUN(血中尿素量):36
CRE(腎濾過量):2.3
IP(リン):3.9
TP(総蛋白):7.4
Ca(カルシウム):11.8
K(カリウム):4.93
体重:3.50

待合室での口論で頭に血がのぼっていたので、チューイへの差し入れのオモチャも渡さず、写真も頼まず、質問もせず、ただ獣医師に「よろしくお願いします」と深く頭を下げるだけで帰ってきてしまった。

当初、4日の入院で完治か慢性化か死亡と言われていたが、今日で入院6日目だ。
まだ退院の目処はたっていない。
しかしながら、チューイの状態も分かってきたので、もう変な不安はない。

ただ、入院が長引けば長引くほど、謝らなければならないかも?な方が1名。
面会できないので、エリザベスカラーを二重に付けているチューイはきっと毛玉だらけに。

せっかく毛をのばして、やっとペットサドルにしてもらったのに、皮毛の状態によっては丸刈リータにするかもしれないからだ。
毛玉は時間をかければほどけるが、チューイへの負担も大きいし、毛玉をほどいた後がまた毛玉になりやすい…。
トリマーUさん、せっかくキレイにカットしてもらったのに、丸刈リータにすることになったら、ごめんなさい。

今日も励ましてくださった皆様、ありがとうございます!
思わしくない結果が出る日もありますが、日々回復に向かっています。

コメント

精神的に参ってたんだよね、けんかになることもあるよ。私も、ぴんの病院変えるか変えないかで旦那と口論になったの。チューイ君も、寂しくても頑張ってるからさ。良い方向に向かうと信じて祈ってます。

家族間での温度差ってありますよね。
それに女性には特有の体調の優れない日があったり…。
チューイはチューイで新しい環境に適応しつつあるようです。
今日は獣医師にしっぽフリフリだったそうです。(ちょっと寂しい…)
犬の生命力や適応力の強さを見せつけられました。

ぴんママさん達もいよいよ10日後ですね。
家族間の衝突を乗り越えてのぴんママさんの行動、セカンドオピニオン、ぴんさんの手術は成功しないハズはありません。
1日も早い回復を祈っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/407-51fd25c2

FC2Ad

相続