プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

急性腎不全 入院3日目

チューイ面会時間が10:00~11:00だったので、頃合いをみて相方(え)を叩き起こし、病院へ向かう。
待合室で順番を待ち、診察室で獣医師の説明を聞く。
いいニュースと悪いニュースがあり、一喜一憂する。
最大の関心事である生死の問題は、とりあえず、死は回避できたようだ。
きっとたくさんの人が祈ってくれたおかげだ!
一番聞きたかった、最高にいいニュースだ。

あとは、当日の朝食で缶詰を二片勢い良くたべたこと。
食欲が戻ったらしい。
これもいいニュース。

悪いニュースは慢性化する可能性が増えた事。
BUNが下がったことに対し、CREの下がり方が緩やかな為だ。
これは、この後変更する投薬への反応次第だ。

慢性化した場合は透析(腹膜透析)の可能性もある。
透析は大学病院クラスへ通わなければいけない。
最近の大学は郊外へ移転しているので、通うのはチューイにもワシにも負担が大きい。
獣医師は、実験的に腎臓移植が行われていることも話してくれた。
実験的に行われているとはいえ、件数は多いらしい。

あとは、うんこっこがまだ出ていないこと。

今日のチューイの数値
BUN(血中尿素量):84(基準値6~24)
CRE(腎濾過量):2.9(基準値0.5~1.5)
IP(リン):4.7(基準値2.2~6.6)
TP(総蛋白):8.0(基準値4.7~7.3)
Ca(カルシウム):11.0(基準値9.5~11.5)
K(カリウム):3.64(基準値3.8~5.6)
体重:3.50

個人的には、タンパクがあまり減っていない事、カリウムが減少して最低ラインギリギリだという事もちょっと気になった。

チューイ一通り話しが終わって、入院中の様子をデジカメで撮影したチューイの写真を見せてくれた。
そして、チューイがワシらに依存するタイプで、帰り際に泣き叫ぶかどうか聞かれた。
そういう場合は面会しない方が犬のためだそうだ。
相談の上、面会することにした。
獣医師に抱かれてやってきたチューイは、エリザベスカラーをつけていた。
それも二重で。
獣医師が言うには…


点滴を確保する際に、獣医師の腕に噛み付こうとしたらしい。
トイレシートを交換しようとしたアニテクさん(若い女性)にも同様に噛もうとしたそうだ。
危険なのと、点滴を抜かないように、サイズ違いで2種類のエリザベスカラーを付けたとのこと。

どうやら家を離れて孤独になると、凶暴になるらしい。
そういえば、ほいくえんに連続で通ったトキもそうだった…。
「ブラームスの子守唄」を歌うと落ち着く事を伝えた。
チューイは何故か「ブラームスの子守唄」を歌うと(鼻歌可)、リラックスするのだ。

獣医師は簡単に説明を終えてワシらだけにしてくれた。

チューイ2日ぶりに会うチューイはなんだかボケーッとしていて、ワシらがだれだかわかっているんだか、いないんだか。
そんなことはおかまい無しに、毛玉チェック。
やっぱりフェルト状の毛玉が2つあった。
スリッカーで簡単にほどく。
直腸指診の際に付いたうんこっこもたっぷりついていたので簡単に落とそうと思ったが、そうとうしぶとくて、あまり落とせなかった。
目ヤニも濡らしたコットンで拭いた。

相方(え)とチューイを交互に抱いた。
チューイがワシの膝の上で横になっていると、獣医師が入ってきた。
「リラックスしてますね。」と声をかけられ、面会は終わり。
チューイを連れて行った。
獣医師に抱かれたチューイは震えていた。
胸がしめつけられたが、治療のためだ。
がんばるのだ、チューイ。

チューイが反応しないように、挨拶もそこそこに診察室を出た。
待合室でしばし待ち、再び獣医師と話す。

今回の急性腎不全の原因は物理的な外傷ではなく、劇物(毒物)の経口摂取または、細菌の感染が可能性として考えられるが、劇物の場合、原因となった物質の特定には時間がたちすぎていて、今では検出できないだろうことを教えてもらった。

ネットで犬の急性腎不全の症例をいくつか見ていたら、嘔吐の翌日に入院し(BUNは2桁)2日後に亡くなったケースもあった。
まだまだ予断はできないが、本当にチューイはラッキーだ。

チューイのために祈って下さった皆様、チューイの命はつながりました。
言葉では言い尽くせないほど、感謝しています。
ありがとうございます。

皆様一人一人の健康と幸福をお祈り申し上げます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。
チューイ君、本当良くなってほしいです。
少し前から見ていて、ずっと気になってたんです...。
まだ2歳とちょっとなんですよね?

うちの実家に、14歳の猫がいるんです。その猫も慢性腎不全になってます。毎日毎日お薬のみながら頑張ってます。

だから人事とは思えずコメントしました。
アタシもずっとチューイ君が1日でも早く回復するように祈り続けます。

大丈夫、チューイ君はとっても愛されてるからきっと良くなります。

ママさんもお体に気をつけてください!

今後の経過も気になります...なのでお気に入りにリンク貼らせていただきます。
また来ます。

心からチューイ君が良くなることを祈ってます。

ながながすみませんでした。

AKさん
やさしいお言葉、ありがとうございます。
ワシも突然だったのでビックリしました。
ワシ的にはAKさんのお身体の方が心配なんですけどね…。
そのうち、屋上でお会いしましょう!

kaoさん
コメントありがとうございます。
はい。チューイはただ今2才3ヶ月です。
ご実家のネコさん、慢性腎不全なんですね。
最近、腎不全について調べてみて、制限や合併症の多さなどに驚いています。
ネコさんがずーっと良い状態でいることをお祈りします。
チューイのことを祈って下さってありがとうございます。
「治る!治る!大丈夫!」と信じています。

チューイ君良かった。絶対絶対元気に、治るよ。
こうべから祈ってます。うちのぴんも4月26日にレッグペルテスの手術が決まりました。セカンドオピニオンの先生におねがいしました。どうしてもっと早く病院を代わらなかったんだろう、自分を責めたけど、今は手術の成功を願ってるんです。チューイちゃんの病気に比べたらぴんの病気は軽いよね、2匹が元気に走り回ることを願っています

ぴんママさん

手術日が決まったのですね。
カレンダーの術日に印を付けちゃいました。

レッグペルテスの外科手術後はリハビリが大変だと聞いています。
ぴんさんもママさんも辛いでしょうが、がんばってください!
セカンドオピニオンを求めた事、遅かったのではなく、その行動力はとてもすばらしいことだと思います。
もし、行動を起こしていなければ悪化していた可能性もあります。あまりご自分を責めないで下さい。

きっと手術は成功して、ぴんさんもチューイも元気に走り回る事が出来るようになります!
手術の大成功をお祈りしています。

初めまして。チューイ頑張ってますね!
うちのトイプは8歳なのですが、3日前の晩から
嘔吐を繰り返し、連休明けの昨日病院に連れて行ったら、
急性腎不全と言われ緊急入院しました。
原因は容態が悪くなった晩に食べてしまったぶどうらしいです。この2〜3日が山ですと言われ、気が気ではなく、
同じ心境の方がいらっしゃればと思い、こちらの
ブログにたどり着きました。
お互いに、良くなるといいですね!

ローズレッドさん
コメントありがとうございます。鬼教官です。
その後、トイプさんのお加減いかがでしょうか?
気が気でない気持ち、分かります。ものすごく分かります。
ローズレッドさんのトイプさんが、早く、元気に退院できる日が来ることを心から願います。

このエントリーから4年と半年ほどたち、チューイは6歳、週1回の皮下点滴で「ちょっと腎臓の数値が悪い」をキープしています。
今話題のiPS細胞にひそかに期待しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/404-76caa249

FC2Ad

相続