プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

嘔吐の病名と治療開始

チューイいるべき場所にチューイはいない。気配すらないのが不思議なほどで、ただ寂しさと不安を漂わせている。今朝の嘔吐後に遡ると・・・。

朝6:00にチューイが嘔吐した後、相方(え)に起こされた。
これは病院へつれて行かな!ってことで、診察開始の9時になるのを待っていたら、いつの間にか眠ってしまった。
起きたら11:30。
午前の診察は12:00までだよ…。

病院への迷惑も考え、午後にしようかと一瞬思ったが、チューイがヤバそうなので、とりあえず電話してみた。
家も近くだし、チューイの最近の状態を知っているので診察してくれると快諾してくれた。
急いで支度し病院へ向かう。

今朝の嘔吐や、最近のチューイの状態を告げ、まずは体重測定。
全然食べてないのに体重が減ってない。いや、むしろ増えている。3.50kg
これはおかしい。
腹部レントゲン、院内での血液検査、検便、聴診、触診を行う。
お腹のゴロゴロ言う音は消えていた。
血液検査の結果が出るまでには30分以上かかるので、レントゲンの検査結果も含めて午後、改めて出直して結果を聞きにくることになった。

ただし、検査結果によっては外部委託の詳細な血液検査の必要もあるかもしれないので、午後の診察開始(15:00)後、1時間以内に来院するように言われた。

そして、15:05再びチューイと病院へ。


携帯にいつも利用させてもらっているショップから電話があって、客注していたチューイのフードが入荷しましたとの連絡だった。
今、病院なので、夕方取りに行くと答えた。

先客がいたので、待合室の日の当る場所でチューイとひなたぼっこしながら待っていると、診察室から犬の悲鳴が聞こえてきた。
チューイが震えだしたので、リラックスホールドした。
うーん。ずいぶんゲロ臭い犬になったもんだ。
早く元気になってシャンプーさせて欲しいよ。

ワシらの番がやってきて、診察室へ呼ばれた。
まずはレントゲンの結果。
食道、胃、十二指腸、小腸は空っぽで異物によるガスも溜っていない。
大腸は一昨日からうんこっこをしてないので、うんこっこがビッシリ写っている。
直腸の辺りなんて、ぷくっと膨らんでいる。
会陰ヘルニアには至っていない。
獣医師は直腸指診もしてくれた。
砂のような感触がすると言う。チューイが砂を食べるかどうか聞かれた。
チューイにそんな趣味はない。
直腸から抜いた手袋を良く見ると、チューイの吐瀉物と全く同じものがついている。
砂のような感触とは、チューイのフードの感触だったのだ。
うんこっこの香ばしい香りもしないし、胃腸の機能がストップしているのだろうか。

獣医師は手袋をとり、話を進める。
レントゲンより血液検査の方が問題だったらしい。
血液検査報告書を見てナットク。

BUN(血中尿素量:基準値6~24)が200
CRE(腎濾過量:基準値0.5~1.5)が3.9
IP(リン:基準値2.2~6.6)が10.2

てか、エイプリルフールは終わってるけど悪い冗談か、機械の故障じゃないの?って思った。
でも、見直しても数字は変わらなかった。

急性腎不全です。

ジンフゼン。メズラシイビョウキジャナイヨネ。デ、ナニ?

今日から入院してもらって治療に入ります。
治療は点滴で行います。
背中からの皮下点滴ではなく、前脚の血管から行います。
(その後治療の説明が続く)

デ、ニュウインハ、イツマデ?

4日間です。
急性腎不全ですので、治る場合は4日治療を行えば完治します。
4日で完治しない場合は、今度は慢性腎不全になります。
もしくは死亡します。

マサカシナナイヨネ。

即時入院ということで、チューイはその場で連れて行かれた。
がんばれよ。チューイ。

チューイが去った後、料金の説明が始まった。
詳細な見積書と、見積もりにない処置(レントゲン等)を行う場合は電話で確認をとる旨、説明されたが、確認の電話をされても多分お願いするだろうし、獣医師を信頼しているので、連絡しなくてもいいと伝えた。

入院に必要なモノを獣医師に確認するも、何も必要ないと言う。
ベッドや何かニオイのついたモノも必要ナッシング。
ただ、チューイはブルーのトイレシートしか使わない。
病院のトイレシートは白だ。
これだけは自前のものを後から持参した。

夜になり、時間が経つにつれて事態の深刻さに気付き始めた。
家に帰ってもチューイがいない。

死亡?
死ぬ確率があるの?
チューイが?
2才3ヶ月の若さで?
そんなのアリ?
もしかしたら、届いたばっかりのフードも必要なくなるのかも。
そう思ったら泣けてきた。
ワシの寿命をチューイの寿命に変換できればいいのに。
なんて考えた。

悪いことばかりでなく、励ましてくれたり、慰めてくれたり。支えてくれる人達がいる。
気を使ってくれる人達がいる。
人って財産やね。
でも、ごめんなさい。いつも以上に頭が働いていません。
気が利いたことが言えなくてごめんなさい。
あ、これだけは言いたい。ありがとう。とても感謝しています。

今日の日記はちゃんとまとめられていません。
まだ、自分自身、事態を冷静に理解し受け止めていないからです。
突然のことで、不確定要素も多くとても混乱しています。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

がんばれチューイ

おーーー
とても人ごととは思えない。
心中察するのだ。
がんばれチューイ!
よくなりますよーに。

ありがとう

Pさん
コメント、本当にありがとうございます。
レッグペルテスとのこと、心中お察しします。
チューイも疑われた時期がありまして、OFAやJAHADにレントゲン写真を送ろうかと、考えたこともありました(←かなり暴走/今では反省)
愛犬に頻繁に吐かれると、飼い主の心的負担はとても大きいと思います。
ご自身のお身体もご自愛ください。
Pさんと愛犬さんの健康と幸せをお祈りします!

Yさん
ハッ!とするお言葉ありがとうございます。
目が覚めた気分です。
しっかりします。
言葉では表せないもどかしい、「ありがとう」

きみなみさん
コメントありがとうぅ。
そーだねー。
パピーの頃から知ってるし、かじり合った仲だし(爆)
ワシもがんばる。チューイもがんばってる(と思う)
腎不全、確かネコさんの方が多い症例だよね?
サツキとナツには襲いかかりませんように。

ブログをご覧のみなさま

沢山の方が今回の記事をご覧になり、
画面の前で祈って下さったり、
涙して下さったり、とても感謝しています。

例え犬であっても、愛する大切なものを
失うかもしれない恐怖。
落ち入って、飲み込まれて、
初めてその恐ろしさを体感しました。

しかし、多くのかたの祈りや優しさが、
そこから助け出してくれました。

今は暗闇ではなく、明るい光が見えています。
きっとチューイは完治して家へ帰ってきます。

取り扱いチューイをご覧になって、
胸を痛めて下さった方、祈って下さった方、
本当に、ありがとうございました。
たくさんの感謝を込めて。

チューイママンこと鬼教官

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/402-39c07730

FC2Ad

相続