プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

クリッカー基礎クラス 1回目

土曜は、念願のクリッカークラスに参加してきました。
基礎クラス、トリック・クラスとあり、チューイは基礎クラス。全4回の初回。

しつけ教室でクラス受講中はイヤイヤやっている(やらせている)のでダメダメなのに対し、ゲームでは飼い主もチューイもノリノリで、お互いに集中し合っていたので、クリッカートレーニングはお互いに楽しめて、良い経験を増やし、関係を築く手助けになるのではないかと思っていました。

さらに、以前、犬の行動学やしつけに詳しい獣医師が、クリッカーの音にもっすごく反応していたチューイを見て「こういうチャカチャカしたコは、クリッカーを使った動きのあるトレーニングをした方が伸びる」とアドバイスしてくれたこともありました。

どうしても参加したかったクリッカートレーニング。その初回は一体如何に?

そういえば、ステップアップクラスの初回は泣きそうになってました。
何で参加しちゃったんだろう?と思い、早く帰りたかった。
今回も同じようなカンジでした。

慣れない環境(成城でのレッスンは初めて)、初めて見る人・犬、そして初めてのトレーニング内容。
チューイがクリッカーの音に敏感に反応することは知っていましたが、ハンドリングする飼い主のワシが何をどうすればいいのかを理解していないため、チューイの反応も鈍いものに。

さらに、先月の血便の影響で食事制限をしていたため、通常のトリーツは使用しなかったこと(そもそも血便以来トリーツは与えていなかった)、教室へ向かうまでに手違いにより1時間近く歩かせてしまった事、最近は服従訓練で遊ぶ事が多かったこと、リードを放してのレッスンでチューイが他の飼い主さんに飛びつき、その方がチューイをなでてしまったこと。
小さなことが積み重なってチューイはワシの指示待ちで固まってしまったり、勝手に遊んでしまったりして、ワシは全くのダメダメハンドラーぶりを発揮。

できない事については全く気にしていないし、その理由や回避方法、トレーニング時に気をつけることはインストラクターに聞けば良いし、そもそも、できなくても何の問題もないので、チューイとたまにお出かけして、美味しいもの食べて、「楽しかったねー」って思うことができれば、それで十分。

そうそう、今回習ったのは、クリッカーのクリック音とごほうび(イイコト)を関連づけること、犬の自発性を引き出すこと、ターゲットに鼻タッチすることの3つ。
宿題もこの3つ。期限は1週間。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/316-f2fbd806

FC2Ad

相続