プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

血便後9日目 今日のうんこっこと最近のこと

昨日は1歩進んで2歩さがったチューイのうんこっこ。
このまま悪化してしまうのか、それとも回復できるのか。

答えてくれるのはチューイのうんこっこのみ・・・

昨日はあんな状態になってしまったので、ドキドキしながら朝の散歩へ出発。

飼い主の心配をよそにスグにうんこっこをしたがるチューイ。
陰陽太極図(勾玉を2コ組み合わせたようなアレ)のように、良いうんこっこと悪いうんこっこが絡み合った、親指の先ほどのまとまったうんこっこが出た。

やっぱり昨日の液状うんこっこの原因は缶詰。。。
しばらくは特製療養食「ササミごはん」だけで腸の状態を整えることに専念。


そして、ここ最近のことですが。
金曜よりチューイを連れて、3泊4日で姉夫婦の家(車で20分くらいの距離)へ行っていました。
ブランのパピーシッターをする為です。
チューイの血便事件があったので、パピーシッターを断ること、毎日ワシだけが通うことも含めて、いろいろ考えました。

<以下理由>
もし、チューイをおいてワシ1人で行った場合、1日5回の食事の準備と投薬を会い方(え)にお願いすると、(え)にもチューイにも負担になるのではないか。

ブランをペットホテルやシッターに預けた場合、双方かなりのストレスになる。

チューイは分離不安ではないが、ワシにとても依存している。

チューイの元気回復率は9割いつものセクハライタリア男っぷりを発揮できるまでに回復。

姉夫婦の家にはよく行っており、2ヶ月ほど前にも1週間滞在していてチューイには散歩ルートを含め、寝泊まりするのに慣れた環境であろう。

チューイは義兄が大好き。気が狂うほど好き。(笑)

万が一の場合、チューイのかかり付け動物病院へスグに行くことが出来る。

以上をふまえ、ワシ・チューイ・姉夫婦・ブランのストレスと実害が1番少ない方法を考えた結果、チューイを連れて行くことに決めました。
もちろん、事前に獣医師へ相談もしてオッケーをもらっていました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chewie.blog92.fc2.com/tb.php/304-84eb6fec

FC2Ad

相続