プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

回復

午前中にチューイを病院に。
チューイ
年の割に回復が早いって驚いてた。消毒の必要もないと。
留置針をはずしてもらって帰宅。

術後

今日から平常通り。
チューイ

手術

歯石と3カ所の粉瘤の除去を終えたチューイ。
18時に病院に電話したら麻酔は覚めてるので帰宅OKとなった。
チューイ

手術痕が痛々しい。
チューイ

全身麻酔

全身麻酔して、歯石と粉瘤の除去をしてもらう。
チューイ

超音波検査

超音波検査によるチューイの心エコー。僧帽弁の動きは問題ないように見えるが、
チューイの心エコー

血液の流れに、少しだけ逆流が見られる。僧帽弁閉鎖不全症ステージ1と認定された。
チューイの心エコー
ごく初期段階で、まだ治療の段階ではなくこれまでどおりの生活でいいとのこと。
歯石とりは今のうちにやっといた方がいいかもね。

慢性心不全

今週木曜の歯石除去手術に備えて、チューイの血液検査をしに行った。
体重は3.50kg。
ドクターが聴診器でチューイの心音を聞くと、心臓の左側からわずかに雑音が聞こえるという。これは弁膜症の疑いがあるそうで。
食欲不振、嘔吐、呼吸困難、咳などの症状は出てないのでレベル1だとして、今後の比較のためにも胸部写真も撮っておくことになった。

血液採取とレントゲン撮影を終えたチューイが処置室から戻って来た。診療室のWindows XPが起動し、チューイのレントゲン写真が確認できた。心臓の左心室がほんの少し膨れてるらしい。今後はそこがだんだんぷくーっと肥大していくって。それは、

「僧帽弁閉鎖不全症」

初期段階なので、まだ治療の必要はない。でも、木曜の歯石除去手術はいったんキャンセルし、代わりに超音波検査で心エコーを調べることになった。血液検査の結果もそのときに。

歯石は奥歯以外きれいなので、心臓が病気の場合、除去手術を見送るのがいいけど、加齢につれて心拡大は進むので、症状が軽度なうちにやっておく手もあるとのこと。

昔、犬の心不全のアニメ作ったよ。

10周年

10年前の今日、チューイが仲間になった
チューイ

FC2Ad

相続