プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

愛犬と海外旅行セミナー2

先日のこと、新宿小田急Dogs&Catsへ第2回愛犬と海外旅行セミナーに参加しました。

講師はCan!Do!の専任インストラクターのかわはらしづかさん。
ドイツの犬学校へインターンシップで2週間滞在した際に愛犬のコーギー、シャーリーちゃんとの海外旅行記の本を出版しています。
第1回は手続き等がメインでしたが、第2回の今回は渡航手続きに加えて、ドイツの犬事情と日本との違い等についてお話くださいました。

旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg 旅は犬連れ―Schali〓Aschaffenburg
かわはら しづか (2006/06)
出版文化研究会
この商品の詳細を見る


【“愛犬と海外旅行セミナー2”の続きを読む】

屋上ジェントル

チューイ
いつものように屋上にやってきたチューイだが、何かが違う…
チューイ
ジェントルリーダー、いやだよう!うざいよう!

【“屋上ジェントル”の続きを読む】

ステップアップクラス3

しつけ教室ステップアップクラスの第3回目。
相方(え)もワシも朝から腹痛地獄の中での参加。屋上へ行く前にワシはトイレへ立ち寄り(痛)

チューイ授業の前に、最終兵器「ジェントルリーダー」をインストラクターの手により装着してもらい、付け方指導を受けた。
そして驚くべきことに、なんと熊カットのトイプーに装着すると、毛に埋もれて分からないではないか!

ジェントルリーダーを付けていると、いちいち聞かれて説明するのが面倒くさいと聞いていたので、これはいいかも。とひそかにほくそ笑む。


【“ステップアップクラス3”の続きを読む】

フィラリア駆虫薬

070419.jpg動物病院へフィラリア予防薬をもらいに行ってきた。
すっかり4月下旬からの投与だと思っていたら5月下旬からだった。
だって、3月には蚊が飛んでたんだもん。
獣医師に「3月頃の蚊は感染力がないので大丈夫」との説明を受けてひとまず安心。



【“フィラリア駆虫薬”の続きを読む】

お出かけ 自由が丘

先週のお天気の良いある日のこと。
急に思い立って自由が丘へお出かけ。

行こうと思っていたドッグカフェがお休みだったので、Palms Cafeでランチ。
入り口近くの4席だけがイヌOKで、お願いしなくてもイヌ用にお水を持ってきてくれた。
チューイのほかにはチワワ連れが2組いて、お隣の席のチワワちゃんはチューイより体重があってビックリ!サイズが似ているからか、何故かチューイを気に入ってくれて切ない鳴き声を上げていた。
ちなみに両者とも去勢済みオス。

人間のランチはALL1000円でサラダとドリンクバー付き。(え)は週替わりメニューからグリルチキン、ワシは日替わりメニューからスパムとパラペーニョのサンドイッチ。おいしかったー。
いつものように、食べるのに一生懸命で料理の写真はナシ。

椅子の下から周辺の様子を探るチューイ
椅子の下からあたりの様子を窺うチューイ

【“お出かけ 自由が丘”の続きを読む】

狂犬病予防接種

17日は小雨が降る中狂犬病予防集団接種へ。
去年の集団接種時はワクチネーション中だったので、動物病院で接種。なので、集団接種は今年が初めて。

チューイに狂犬病ワクチンを接種する獣医師たち
狂犬病予防接種にやってきた獣医師たち。

お天気のせいかガラガラで、全く並ばずに接種できました。
っていうか、接種は飼い主が立ったまま補定!?
案の定、ファーストトライはヒンヒン叫んで暴れだす始末。
仕切り直して、セカンドトライ。ガッツリ抱え込む。針を刺す前からヒンヒン叫んで嘘泣きするも接種終了。
少しでもイイコトと結びつけるため、終了後はドクターに持ってきたオヤツをあげてもらいました。

獣医師にオヤツをもらうチューイ
獣医師に持参したオヤツをもらうチューイ

かかりつけの動物病院では注射の時は無反応なクセに!
マイクロチップなんて直径2mm以上の針だったのに平気だったクセに!

どこまで広がるペットフードのリコール

ニュートロのウェットフードに引き続き、ナチュラルバランスも対象を拡大し日本国内でのリコールを発表しました。

ナチュラルバランスは対象製品が日本に輸入されていないと発表後でのリコールで、米国内では対象ロットのみを回収することが困難と考えた上で全てのロットがリコール対象なのに対して、日本国内は対象ロットのみ。

こないだのペットフェアでもらったナチュバラのベニソン&ブラウンライスのサンプル、どうしよう。
消費期限も書かれてないし、どのロットかも分からないし捨てるしか!

レッドハート株式会社
メニュー・フーズ社のリコールを受けてウエット商品 自主回収のお知らせ
http://www.redheart.co.jp/news20070413.html

ナチュラルバランスペトフード社日本正規総輸入元
トップページ
http://www.profit-inc.co.jp/

犬ニュースゼロワン
ナチュラルバランスがメラミン検出でリコール拡大
http://news01.net/news/2007/04/20070418102614.php


オマケ:Royal Canin South Africa(ロイヤルカナン南アフリカ)のリコール
猫ニュースゼロニャン
ロイヤルカナン&ベッツチョイスがリコール開始
http://news02.net/news/2007/04/20070417190520.php

灼熱のわんわんパーク

土曜日の午後は日差しも強く、暑いほどでした。新宿のデパート屋上では最高気温が27度まで上がりました。
しつけ教室終了後、引き続きインストラクター常駐型有料ドッグパークへ参加しました。
あまりに暑くてイヌも遊ぶどころではなく、強制一斉休憩がたっぷりありました。

リンちゃんと格闘するチューイ
暑い中でも、まずはわんわんパークのお約束。
リンちゃんとの格闘を繰り広げるチューイ。

【“灼熱のわんわんパーク”の続きを読む】

ステップアップクラス2

しつけ教室ステップアップクラスの第2回目。
今日は前回の失敗を踏まえて、チューイが特に好きな最強オヤツ&オモチャセットを用意し、何よりワシ自身が授業を楽しんで受けられるよう気分を切り替えて挑んだ。

チューイのお気に入りNo.1オヤツ
【無添加・自然食】ドットわんカツオ薫り角ステーキ
発売開始3日で完売した逸品。
次回は4月19日に数を増量して販売するとのこと。
ものすごい集中力を発揮できる最強オヤツ


【“ステップアップクラス2”の続きを読む】

Brunお散歩デビュー

今日、Brunがお散歩デビューしたらしい。
物怖じしない彼は初めてのお散歩もウキウキで、怖がって歩けなくなることはなかったそうです。
そして、姉のお散歩デビューの感想は「道に落ちているごみ」。タバコの吸い殻や食べ物や飲み物などが沢山落ちているのが気になったようです。

【“Brunお散歩デビュー”の続きを読む】

レーサー用ヘルメット

070404.jpg
新宿のDOG CLUB ISTで買ったゴーグル付き帽子、ポンポリースのレーサー用ヘルメット
チューイに被せると狂ったように嫌がる。写真は奇跡的な一瞬。
(え)

【“レーサー用ヘルメット”の続きを読む】

ステップアップクラス1

しつけ教室のステップアップクラスの第1回目だった。
今までは室内クラスに参加していたが今回からは屋上クラス。デパートの屋上という子供や人が沢山いる中で行われる。
チューイには刺激が強すぎる場所だが、トレーニングには最適かと参加することにしたのだ。

【“ステップアップクラス1”の続きを読む】

ペットスコープその後

2月に購入したペットスコープ。
4週間後に届くはずのマイクロフィルムがまだ届かない。
と、いうことで販売元へ問い合わせ。
電話してみると「ただいま出かけております。」と留守番電話になっていて、会社のウェブはForbiddenで見れない。これはまさか倒産!?でも有限会社だしありえるのかも。と思いつつ留守番電話へメッセージを残した。
数時間後、折り返し電話がかかってきて話してみると郵送したハズのマイクロフィルムの原稿が届いていないというではないか。ますます怪しくなってきたが、とりあえず用紙を送付してもらうことに。
郵便事故ってどうなんだろう?念のため、いつ発送してもらうのか聞いておいた。

どうして犬が好きかっていうとね

お気に入りの写真集(フォトエッセイ)のひとつ。
表題の "WHY WE LOVE DOGS" に対して、その理由 "because they're" がモノクロの写真で綴られています。
好きならナットクの1冊。ページをめくりながら、そう!だからが好きなの!って叫びたくなります。

どうして犬が好きかっていうとね どうして犬が好きかっていうとね
キム・レヴィン (2002/06)
竹書房
この商品の詳細を見る


ネコ好にネコバージョンのどうしてネコが好きかっていうとねもあります。

飼い主のモラル

ペットフードメーカーだけでなく、イヌの飼い主も怖い世の中になりましたね。
狂犬病予防接種もイヌの登録もしないなんて。。。
この人達はイヌのことが好きで飼っているのか疑問に思えます。
法律で決められていることくらいはしてほしいものです。
や、本音を言えば最低限のしつけやマナーもですが。

狂犬病の予防接種率が低下、室内ペット化で未登録増加
 かつて100%近かった狂犬病の予防接種率が低下している。厚生労働省は、すでに50%前後まで落ち込んでいるとみており、「海外からウイルスが侵入すれば危険な状況」と指摘する。飼い主のモラルの低下により、「狂犬病は過去の感染症」とは言い切れない事態となっている。(鶴田裕介)

 3月初め、東京都品川区の大井ふ頭。飼い犬を自由に遊ばせることができる広場「ドッグラン」で、10頭ほどの犬が走り回っていた。

 中年の飼い主夫婦の愛犬は生後6か月の雑種犬。狂犬病の予防接種を受けたことがないが、夫婦は「普段は家の中にいるから大丈夫」と話す。「忙しいから」という理由で、自治体への犬の登録もしていないため、集団接種の日時を知らせるはがきも届かない。

 狂犬病は、世界各国で今も脅威となっている感染症だ。昨年、フィリピンで犬にかまれた男性2人が、国内で36年ぶりに発症、死亡した。世界保健機関(WHO)は、狂犬病のウイルスが侵入した場合、その国での感染拡大を防ぐことができる接種率を「70%以上」としている。

 厚労省によると、ペットとして自治体に登録されている犬の狂犬病ワクチンの接種率は、1985年にほぼ100%だったが、2005年度は74%にまで落ち込んだ。

 しかし、実態はさらに深刻だ。近年、未登録の犬が増加し、ペットフード工業会(東京都)が推計した飼育頭数(06年)が約1208万頭だったのに対し、登録数(05年度)は約653万頭にとどまった。同省は実際の接種率を、「50%前後」とみる。

 自治体は接種率を上げようと啓発活動に躍起で、東京の新宿区保健所は、3年以上接種を受けさせていない飼い主に電話で“督促”している。しかし、「小型犬で外に出ないから必要ない」「国内ではもう狂犬病が発生していない」「夜に病院がやっていないので仕方がない」――といった理由で、応じない飼い主もいるという。

 狂犬病予防法は、年に一度、犬の予防接種を行うことを定め、違反すると最高20万円の罰金刑だが、接種していないことの立証が難しく、厚労省によると、飼い主への適用例はほとんどない。都内のある動物病院の院長も、「『注射しました』と言われれば信じるしかない」と語る。

(2007年4月2日14時34分 読売新聞)


読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070402it06.htm

メニュー・フーズ社リコールの原因は?

北米でリコールがおきているメニュー・フーズ社の続報が続々ありますね。
殺鼠剤の次は合成樹脂の原料ですか。
本当のところを早く知りたいものです。

米で毒物混入ペット食騒ぎ、中国産小麦から有害物質
 【ワシントン=増満浩志】北米で毒物の混入したペットフードによって犬と猫、十数匹が急死し、メーカーが6千万食の回収に乗り出す騒ぎとなっている。

 米食品医薬品局(FDA)は30日、原料の中国産小麦グルテンに化学物質メラミンが含まれていたと発表した。人間用の食品に使われたグルテンにも混入がなかったかどうか、引き続き調べている。

 ペットフードは、カナダのメニューフーズ社が製造。グルテンのほか、死んだ猫の腎臓からもメラミンが検出された。メラミンは合成樹脂の原料で、アジアでは肥料としても使われるが、ペット食品への含有は禁じられているという。

 ただ、23日にはニューヨーク州当局が「殺そ剤のアミノプテリンを製品から検出した」と発表している。メラミンの毒性があまり高くないこともあり、原因物質はまだ特定されていない。

(2007年3月31日11時24分 読売新聞)

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070331i302.htm



また、ヒルズの「猫用 プリスクリプション・ダイエット m/d」、ネスレ ピュリナ ペットケア社の犬用缶フード「アルポ プライム カット イン グレイビー」もメニューフーズ社が使用していた中国産の小麦グルテンを同じ中国の会社から輸入し、一部のペットフードに使用していたことを発表&リコールとの記事もありますね。

犬ニュースゼロワン
http://news01.net/news/2007/03/20070331181249.php

ジャパンペットフェア

昨日はパシフィコ横浜で開催されたジャパンペットフェアへ行ってきました。

袋のヒモが肩に食い込むくらいサンプルがもらえると聞いていたので、期待に胸をふくらませいざ出発!
私たちは昼頃、現地へ到着したのですがその頃には大きな紙袋を手に帰る人達もチラホラ。
会場には沢山の人もいましたがイヌ連れも多く見られ、沢山のイヌ(他人の飼いイヌ)を見ることができてウキウキでした。イヌだけでなく、マイ鳩を連れている人もいました。

オモチャのセールを物色したり、フードのサンプルをもらったりしながらブラブラしましたが、いくつかのメーカでは用意していたサンプルが昼前になくなっている状態でした。だから昼前なのに帰る人がいたんだとナットク。
それでも二人で沢山のサンプルをゲットできました。

イヌコーナーを二周りくらいした後はイヌ以外のコーナーをブラブラしました。
ヒヨコやインコを自由に触れるコーナーがあったり、初めてニシキヘビに触って大コーフンでした。それ以外にも猛禽類や沢山のウサギ、ぶら~っとしているナマケモノや子イノブタまでいました。子イノブタを美味しそうだと思ったのは内緒です。

サンプルをもらう意外にも多いに楽しめるフェアで、再来年もぜひ行きたいと思います。今度は朝一で。

FC2Ad

相続