プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

今日の屋上

チューイ

散歩

チューイ

散歩は、商店街コース・緑道コース・オペラコースの3つ。

チューイ

で、今日はオペラコース。

【“散歩”の続きを読む】

パピー教室2

今日はパピー教室の2回目。
いろんなものの上を歩かせる練習。芝生の上、金属の上、子犬が初めて足の裏に感じる感触をいい体験に結びつけてニガテなもを作らない。ただし、嫌がっているものに対しては強制してはいけない。

【“パピー教室2”の続きを読む】

万が一のときは

姉がチューイに会いたがってたので連れて行った。
姉の家へ行ったのには、姉とチューイを合わせる以外にも目的があった。
それは、ワシらに万が一のことがあった場合にチューイを引き取って欲しい。とお願いすること。
ワシと相方(え)が乗った飛行機が落ちることもあるかもしれん。人生何があるか分からない。万が一の場合のチューイの引取先は確保しておかねば!と、考えていたのだ。この話は、メールでも電話でもなく、チューイを見せた後で、直接お願いしたかった。
彼女はすっかりチューイが気に入ったらしく、快諾してくれた。これで一安心。
チューイを抱いた姉は「イヌってこんなにあたたかかったんだね。」と言っていた。しばらく先代プードルの思い出話をしたり、チューイと比較をしたり、たっぷり遊んで、帰りは散歩がてらGEORGEでお買い物。首輪とリード、噛むオモチャを買う。

ハセガワ

チューイ

チューイの超お気に入りのおもちゃ、「ハセガワ」と名付けたぬいぐるみ。腹を食い破って、中の笛もボロボロ。
東京ペットトレーニングトイ フロスティドック S

風呂ーリング

チューイ

風呂は好きみたい。おとなしーく洗われている。

チューイ

身体はこんなちっちゃい。

【“風呂ーリング”の続きを読む】

ゴールド

チューイ

ケージに陽がさしていた。そこにチューイがおったわけです。

【“ゴールド”の続きを読む】

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射を接種。料金は3500円。
今日も病院へはクレートに入れて行った。
外が怖いのか、外出先ではクレートからなかなか出てこない。今回は待合室が空いていたので、クレートのドアを開けて慣らすチャンス!
クレートのドアは開けてみたものの、中で完全にフセをしていて出てくる気配は全くナシ。フードでつってみても出てこない。フセをしている前足だけがニョキッと出てた。
待合室には2組いたのだが、どちらもダックス飼い。クレートから突き出たチューイの足を見て「足長~っ!」って言われた。一瞬、かなり返事に困りました。

ワンツーワンツー

チューイ

オシッコタ~イム

初トリミング

チューイ初トリミング

原宿で初めてトリミングしてきた。リクエストは短めってことだけで、あとはトリマーさんにおまかせ。別の人みたい。

【“初トリミング”の続きを読む】

けぇのびた

チューイ

チューイの毛がのびたなあ、と。もう、毛の塊じゃん。そろそろトリミングか?

【“けぇのびた”の続きを読む】

消臭スプレー



ブリーダーからイヌと同時に購入した消臭剤がなくなったので、注文。
スプレー本体は既に持っていたので、送料無料になる付替え2本セットにした。
100%植物成分。(社)東京食品技術研究所、(社)東京都食品衛生協会の検査でも安全性が確認されていて、皮膚に触れてもうっかりなめても大丈夫。医療関係や食品工場でも使用されているそうです。イヌにやさしくニオイを分解してくれる消臭剤。OEM製品も多数あるそうです。
「フィトンチッド」という成分が入っていて森林浴効果もあり。

オレンジX

 

床掃除用に使っていた水が原料の洗剤がなくなったので、やっぱイヌにはコレでしょ的なオレンジX&専用スプレー容器にトライ。

【“オレンジX”の続きを読む】

パピー教室1

教育ママンぶりを発揮してパピー教室へ行ってきた!
相方にもイヌを飼ったことがある人にも必要ないって言われたし、しつけ教室は行っても意味がなかったとか言われたが気にせず参加。
社会化期の幼犬にいろいろな刺激を与えるという内容で、 全4回の今日は1回目。

【“パピー教室1”の続きを読む】

イヌ用フェリエ マユメイクとコング



National フェリエ マユメイク ブルー ES2105P-A National フェリエ マユメイク ブルー ES2105P-A
(2004/09/01)
National
この商品の詳細を見る
 
MR PET デンタルコング S MR PET デンタルコング S
()
東京ペット
この商品の詳細を見る

イヌもマユゲを整えてあげると喜ぶ。ではなくて、足まわりや肛門まわりの毛を剃るために人間用うぶ毛・眉用の電気カミソリを購入。ついでにデンタルコングSも。


【“イヌ用フェリエ マユメイクとコング”の続きを読む】

噛むおもちゃ

チューイ

おしっこシートをボロボロにしやがってー。

アーテミス


前回にひきつづき、アーテミス スモールブリードパピー 1.5kgを注文。

一緒にバウワックスも注文。チューイの足裏保護とフローリングすべり止め対策。
レモングラス風の香り。

屋上

チューイ

ほしいものはここに揃っている。コークはダメだけど。

【“屋上”の続きを読む】

バイブル

ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ
水越 美奈、ジーン ドナルドソン 他 (2004/07)
レッドハート
この商品の詳細を見る

イヌを飼っている人、これから飼う人、ただのイヌ好きもみんな読んでほしい。
ドッグトレーナー必読の本だけあって、とてもしっかりした内容で、行動学についても書かれており、何故ほめてしつけるのか、何故罰を与えてはいけないのかがよく分かる。イヌをトレーニングするにあたって、飼い主に理解していてほしいことがつまっている。
1回読み終わっても、2度3度と繰り返して読みたくなる本。

初散歩

夜、チューイを抱いて1ブロックだけお散歩した。 いつものように警戒心の強さを発揮して、ずっとブルブル震えてた。甲州街道の工事の光と音も恐かったのかな。 明日晴れたら、昼間に抱っこのお散歩しよう。

屋上で負傷

チューイ

天気が良かったので屋上2回目にチャレンジ。 ツケおすわりの練習。自分は定位置でぐるぐる回転しても、必ず左膝の横でおすわり。なんだか自分の目が回ってきて早々に切り上げる。

チューイ

次はリードをはずして、他の犬のオシッコ臭がプンプンの中をちゃんとついて来る練習。ワシは不規則に引き返したり、まがったりしながらテクテク歩く。途中チューイがいなくなったので、物陰にかくれて助けを呼ぶように名前を呼ぶ。来やしねえ。そこで、リコールコマンドを言ってみたら飛ぶように駆けてきた。ヨシヨシ。

【“屋上で負傷”の続きを読む】

買物あれこれ

  

 

しまった!ビターアップルが残り少ない!!
ついでにおもちゃもアレコレ購入。

【“買物あれこれ”の続きを読む】

ダンバー博士のイヌのしつけがうまくいくちょっとした本

ダンバー博士のイヌのしつけがうまくいくちょっとした本 ダンバー博士のイヌのしつけがうまくいくちょっとした本
橋根 理恵、イアン・ダンバー 他 (2004/12)
レッドハート
この商品の詳細を見る

本当にイヌのしつけうまくいくちょっとした本。
ただし「子イヌを飼ったあとに」とダブる部分も少なくない。
オールカラーで写真も多く非常に理解しやすい、子イヌを対象にしたしつけ入門書。
イヌは誘導して、ほめてしつけましょう。

子イヌを飼うまえに&飼ったあとに

ドッグトレーニングで有名なイアン ダンバー博士の著書。
我が家はイヌを飼ってから読んだが、イヌを飼いたいと思っている人、飼いはじめた人にぜひ読んでほしい本。
パピー教室・しつけ教室へ通おうと思ったきっかけになった。


ダンバー博士の子イヌを飼うまえに ダンバー博士の子イヌを飼うまえに
イアン ダンバー (2004/02)
レッドハート
この商品の詳細を見る
 
ダンバー博士の子イヌを飼ったあとに ダンバー博士の子イヌを飼ったあとに
イアン ダンバー (2004/02)
レッドハート
この商品の詳細を見る

【“子イヌを飼うまえに&飼ったあとに”の続きを読む】

初めての屋上

チューイチューイ

天気がいいし、帰ってから屋上でランチ。チューイも初めて屋上へ。最初は警戒しまくりだったが、クンクンしながら慎重に進出。初めての屋上で、いつものように警戒して固まっていたが、オヤツで誘導、まんまと屋上中央におびき寄せることに成功。この手は今後も使える。ビバ!オヤツ!

【“初めての屋上”の続きを読む】

パピーパーティー

パピーパーティーへ行ってきた。 参加した子犬は全部で3頭、ポメラニアン(6ヶ月)とミニチュアダックスとペキニーズのMIX(5ヶ月)。この2匹はしつけ教室でも一緒らしい。 ダックスのMIXは大人しくて、ずっとママのイスの下でふせてたが、ポメラニアンは遊び上手なコらしかった。

参加犬の中では最年少だし、動物病院以外では初めての外出だし、獣医師に「とても警戒心が強いコ」とか言われてるし、ドキドキしていたが案外活発に遊んでた。

チューイの様子は、戦うが月齢が違いすぎて勝てなくて、組み伏せられつつも戦いを挑む。というカンジ。 ようは「遊んで」ちゃん。 チューイの意外な一面をみて、ちとビックリ。 とりあえず、犬ギライじゃなくてヨカッタ。

FC2Ad

相続