プロフィール

chewie

Author:chewie
レッドのトイ・プードル(♂)のチューイ。
2005年12月30日生まれ。
階級はもちろん中尉。
去勢済み、マイクロチップ装着済み。
ハードルは苦手。
慢性腎不全闘病中。

今日も走り続ける

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

タグクラウド

月別アーカイブ

Pictlayer

戦場で出会った子犬の物語

ジェイ・コペルマン (著)
メリンダ・ロス (著)
栗原 百代 (翻訳)

商品詳細を見る

「From Baghdad, With Love」の邦訳版。アメリカの海兵隊員が、イラクの戦場で子犬を保護。派兵先で犬を飼うことは軍規で禁じられていて、アメリカに連れ帰る事も許されず殺処分しなければいけません。しかし実際には多くの保護犬が渡米しています。コペルマン大佐のラヴァもその1匹。しかし、コペルマン自ら連れ帰ることはできず、メールで連絡をとりあって多くの人の協力による作戦が描かれています。ラヴァと別れて2ヶ月後、マスコミが注視する中、カリフォルニアの地で再会することができたのです。土地勘がわかりにくいので地図をつけてほしかった(え)

【“戦場で出会った子犬の物語”の続きを読む】

戦場の犬たち―母さん、ボクも帰りたかった

戦場にいるのは軍用犬だけではありません。
マスコット犬、士官や兵士の愛犬、戦場となった土地に住んでいた犬。
様々な犬達がいます。

この本には1910年~1968年の戦場での写真がまとめられています。
ワーキングドッグがメインではありませんので、軍用犬が働いている写真は、あまり掲載されていません。

写真を眺めるだけでなく、まえがきやコメントから、その背景を読み取ったり、「軍用犬」やその歴史を知るきっかけになればと思います。

戦場の犬たち―母さん、ボクも帰りたかった (ワールド・ムック (586))戦場の犬たち―母さん、ボクも帰りたかった (ワールド・ムック (586))
(2006/01)
河村 喜代子

商品詳細を見る

BLUE DOG 2007/2008 ENGAGEMENT CALENDER

(え)がサプライズプレゼントをくれた。

BLUE DOG(ブルードッグ)が大好きなワシに、今日発売の「BLUE DOG 2007/2008 ENGAGEMENT CALENDER 」(ノート型カレンダー)。
見開きの左側にBLUE DOGの絵、右側にちょっとしたスケジュールや日記を書けるようになっている。
物忘れが激しいワシを心配してのことだろうか、ありがたく頂戴する。

表参道のTHE BLUE DOG GALLERYではすぐに完売となってしまうが、ギャラリースタッフの方が、とっても親切でやさしい。
amazonの方が入手しやすく、おサイフにもやさしい。


BULE DOGの詳細は
THE BLUE DOG GALLERY


Blue Dog 2007/2008 Engagement Calendar (Engagement Calendar) Blue Dog 2007/2008 Engagement Calendar (Engagement Calendar)
George Rodrigue (2007/08)
Harry N Abrams (Cal)
この商品の詳細を見る

どうして犬が好きかっていうとね

お気に入りの写真集(フォトエッセイ)のひとつ。
表題の "WHY WE LOVE DOGS" に対して、その理由 "because they're" がモノクロの写真で綴られています。
好きならナットクの1冊。ページをめくりながら、そう!だからが好きなの!って叫びたくなります。

どうして犬が好きかっていうとね どうして犬が好きかっていうとね
キム・レヴィン (2002/06)
竹書房
この商品の詳細を見る


ネコ好にネコバージョンのどうしてネコが好きかっていうとねもあります。

バイブル

ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ ザ・カルチャークラッシュ―ヒト文化とイヌ文化の衝突 動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ
水越 美奈、ジーン ドナルドソン 他 (2004/07)
レッドハート
この商品の詳細を見る

イヌを飼っている人、これから飼う人、ただのイヌ好きもみんな読んでほしい。
ドッグトレーナー必読の本だけあって、とてもしっかりした内容で、行動学についても書かれており、何故ほめてしつけるのか、何故罰を与えてはいけないのかがよく分かる。イヌをトレーニングするにあたって、飼い主に理解していてほしいことがつまっている。
1回読み終わっても、2度3度と繰り返して読みたくなる本。

FC2Ad

相続